花園大学国際禅学研究所
    
WWW を検索 iriz.hanazono.ac.jp を検索
Facebook 花園大学


ホーム>活動報告>2019年度>禅宗法式シンポジウム開催報告

禅宗法式シンポジウム
開催報告

禅宗法式シンポジウム 千手観音への祈り
2020年2月6日(木)に禅宗法式シンポジウム「千手観音への祈り:ナムカラタンノーの世界」を開催しました。


まず弊所所長の野口善敬が「『千手経』と臨済宗における大悲呪」という題目で講演をいたしました。


その後、尾﨑正善先生(曹洞宗総合研究センター講師・鶴見大学非常勤講師・曹洞宗瀬谷山徳善寺住職)に「曹洞宗における大悲呪」という題目でご講演いただきました。


その後、各国・各宗における大悲呪の説明と読誦をしていただきました。


曹洞宗の大悲呪。尾﨑先生にご説明いただいた後、曹洞宗の皆さまに読誦していただきました。


臨済宗の大悲呪。野口の説明の後、臨済宗の皆さまに読誦していただきました。


黄檗宗の大悲呪。村瀬正光先生(黄檗宗太華山眞聖寺住職・黄檗宗宗会議員教学研究委員・花園大学国際禅学研究所客員研究員)にご説明いただいた後、黄檗宗の皆さまに読誦していただきました。


中国の大悲呪。空慧師にご説明いただいた後、中国から本学に留学している皆さまに読誦していただきました。


韓国の大悲呪。説明と読誦の動画をご覧いただきました。


最後にご来場いただいた皆さまに木魚にあわせて大悲呪を読誦していただきました。


ご共催いただいた臨済宗妙心寺派教化センター様、ご協力いただいた曹洞宗総合研究センター様・黄檗宗大本山萬福寺様・禅文化研究所様、ならびに当日ご参加ご協力いただいた皆さまに心よりお礼申し上げます。