花園大学国際禅学研究所
    
WWW を検索 iriz.hanazono.ac.jp を検索


ホーム > 特別講演会 禅宗の法系について


特別講演会
禅宗の法系について


禅宗では釈尊が悟った真理を代々、師から弟子へと直接伝えてきたとされる。本講演では、かかる伝法の連続・非連続と、その系譜である法系の成立について再考する。

白隠筆達磨図(寒山寺蔵)
白隠筆達磨図(寒山寺蔵)

■ 日 時 2018年10月19日(金)
13時~14時30分
(12時30分 受付開始)
■ 会 場 花園大学教堂
■ 講 師 芳澤 勝弘
芳澤勝弘
1945年生まれ。同志社大学卒業。財団法人禅文化研究所主幹、国際禅学研究所教授(副所長)を経て、現在国際禅学研究所顧問、駿河白隠塾塾長。専門は禅学・禅宗史研究。著書に『白隠―禅画の世界』(角川ソフィア文庫)、『新編 白隠禅師年譜』(禅文化研究所)など。各種展覧会の監修のほか、国内外で白隠フォーラムを開催。
■ 定 員 120名
■ 会 費 無料
■ 参加申込 参加をご希望の方は、国際禅学研究所の方へお申し込み下さい。
■ お申し込み先 花園大学国際禅学研究所
電話:075(823)0585
Fax: 075 (279) 3641
メール

スパムメール対策のため、画像になっています。


詳細はこちらを御覧ください




ホーム データベース ダウンロード 出版物 組織概要 リンク 更新履歴 サイトマップ

Copyright © 1995-2018 International Research Institute for Zen Buddhism. All rights reserved.