花園大学国際禅学研究所
    
WWW を検索 iriz.hanazono.ac.jp を検索
データベース 出版物 English


ホーム > 仏教の「止観」と“マインドフルネス”

仏教の「止観」と“マインドフルネス”
~その特徴と問題点~

仏教における心の観察は止観と呼ばれる。止は心の働きを静める、観はあらゆる心の働きを見つめる観察を指す。一方、現在、市民権を得つつあるものがマインドフルネスである。こちらは臨床心理学の世界で注目されて久しいが、起源は仏教の伝えた観察にあったとされる。しかし、両者の特徴やその問題点は、ほとんど論じられることはない。今回は、仏教の伝えた心の観察法を具体的に整理するとともに、マインドフルネスがどのようなものであるのかを明らかにし、その問題点も考えたい。

■ 日 時 2017年10月14日(土) 14時~15時30分
(13時00分 受付開始)
■ 会 場 花園大学自適館3階
■ 講 師 蓑輪 顕量

1960年千葉県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科教授。専門は日本仏教、仏教思想史。著書に『中世初期南都戒律復興の研究』(法蔵館)、『仏教瞑想論』(春秋社)、『日本仏教史』(春秋社)など。監修に『実践! 仏教瞑想ガイドブック』(サンガ)、『マインドフルネス 仏教瞑想と近代科学が生み出す、心の科学の現在形』(同)など。
■ 定 員 260名
■ 会 費 無料
■ 申込先 花園大学国際禅学研究所
電話:075(823)0585
Fax:075(279)3641
メール

スパムメール対策のため、画像になっています。

詳細はこちらを御覧ください





ホーム データベース ダウンロード 出版物 組織概要 リンク 更新履歴 サイトマップ

Copyright © 1995-2017 International Research Institute for Zen Buddhism. All rights reserved.